1. おぎの内科医院HOME > 
  2. 診療のご案内 > 
  3. 生活習慣病

診療のご案内

生活習慣病

個々の症状やライフスタイルに応じた生活習慣の指導・管理を行います。

個々の症状やライフスタイルに応じた生活習慣の指導・管理を行います。不規則な生活、ストレス、運動不足、飲酒・喫煙…。今日、高齢化社会を迎え、また食生活の欧米化が進んだことから生活習慣病はますます増加しており、当院では専門分野のみならず、脳卒中や心筋梗塞等の原因になる糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病の治療・予防にも力をいれています。
特に糖尿病における「血糖」や「ヘモグロビンA1c (HbA1c)」の血液検査については、院内で採血後数分間後に結果がでますので、受診日に即結果をお伝えし、治療方針を決定することが可能であり、糖尿病患者さまの負担を軽減します。また、日本糖尿病療養指導士認定機構から認定された日本糖尿病療養指導士の資格を持つ看護師が常勤しており、生活相談、栄養指導などを直接受けることが可能です。
さらに、定期的に眼科、糖尿病内科、心臓循環器内科や腎臓内科などの専門医療機関の紹介も行います。

対応疾患

  • 糖尿病 /
  • 糖尿病性神経症 /
  • 糖尿病性腎症 /
  • 耐糖能障害 /
  • 高血圧 /
  • 脂質異常症 /
  • 肥満症 /
  • 高尿酸血症(痛風) /
  • 動脈硬化症などの生活習慣病 /

こんな症状にご注意!

自覚症状では診断しにくい生活習慣病ですが、以下にあげる症状は重大な病気に進行する可能性もあります。
心当たりがある方は早めに医師の診察を受けましょう。

症状 可能性のある生活習慣病
全身にあらわれる症状 左右どちらかの手足がしびれる 脳卒中(一過性脳虚血発作)
全身がだるい日が続く 糖尿病、肝臓病
体が疲れやすい 糖尿病
めまいや立ちくらみがする 脳卒中(一過性脳虚血発作)
目にあらわれる症状 物が二重に見える 脳卒中(くも膜下出血)
上まぶたに脂肪のかたまりができる 高脂血症
口にあらわれる症状 口にしたものをこぼす 脳卒中(一過性脳虚血発作)
ろれつが回らない 脳卒中(一過性脳虚血発作)
胸部にあらわれる症状 せき、たんが増えた 肺がん、COPD
ちょっとした運動で強い息切れがする COPD
しばらくするとおさまる胸の痛み 狭心症
胸やけや胃の不快感 胃・十二指腸潰瘍
その他の症状 足の親指が激しく痛む 痛風
背中が曲がってきた 骨粗しょう症

糖尿病

糖尿病や脂質異常症、肥満症は、「生活習慣病」とも呼ばれるように、日常生活における食事や運動が大きく影響する疾患です。当院では、病状だけでなく、仕事や生活環境に応じた適切な治療法を、患者さんご本人と相談しながら選択していきます。また、合併症に関しても定期的に検査を行い、早期発見・早期治療に努めます。当院では治療が困難な場合や、入院治療が必要な場合は、高度専門病院へご紹介いたします。

動脈硬化

高血圧症、糖尿病、脂質異常症などを放置すると全身の血管に動脈硬化が起こります。当院では頸動脈エコーを行い、動脈硬化の程度やプラーク*のチェックを行います。
※『プラーク』とは、血管壁が限局性に盛り上がってできた隆起性病変で、脳梗塞などのリスク因子と考えられます。

診療のご案内

診療時間

午前の部
9:00~12:30
※土曜は13時まで
午後の部
14:30~18:00
※木曜・土曜は休診
休診日
日曜・祝日
アクセス
おぎの内科医院外観
TEL. 076-461-6655
富山市本郷町47番1
>アクセスマップ
初めての方へ

ページの先頭へ