1. おぎの内科医院HOME > 
  2. 診療のご案内 > 
  3. 肝臓内科

診療のご案内

肝臓内科

専門医として肝疾患全般を対象に適切な診断と治療を行います。

専門医として肝疾患全般を対象に適切な診断と治療を行います。豊富な臨床経験を持つ日本肝臓学会専門医が、最新の診断機器を駆使し、病気の早期診断・早期治療に努めます。また肝臓がんの治療など高度な医療が必要な場合には、信頼できる提携病院へ速やかにご紹介いたします。
当院は、ウィルス性肝炎に対するインターフェロン治療についても豊富な経験と実績があります。B型肝炎、C型肝炎の他、健診で肝機能に異常があった方、身体がだるいと感じている方はぜひご相談ください。

対応疾患

  • 肝臓機能障害 /
  • 脂肪肝 /
  • 慢性肝炎 /
  • B型慢性肝炎に対する最新治療 /
  • C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療 /
  • 肝硬変 /
  • 肝臓がん /

肝臓病の検査について

肝臓病の診断は、問診に始まります。これまでにかかったことのある病気(既往歴)、家族に肝臓病の人がいないかどうか(家族歴)、輸血を受けたことがあるか(輸血歴)、今服用中のお薬についてなどを確認します。
血液検査にて、肝臓病の原因を知らべたり、肝臓病の程度(重症度)を評価します。
また、腹部エコー検査にて、肝臓の形態、肝硬変や肝腫瘍の有無などを知らべます。肝臓病は、胆管・胆嚢・膵臓などの病気から肝障害が発生することもあり、あわせて知らべます。
以上のような検査を行ったうえで、肝臓病の原因や程度を評価しご説明します。さらに、CT検査やMRI検査などの精密検査が必要かどうかも判断します。

肝臓病の病気と治療

肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれており、肝機能の異常があってもなかなか症状がでない(無症状)ことが多い臓器です。一般には、健康診断などの血液検査で肝機能異常を指摘され、精密検査を行うことになります。最も多い病気は脂肪肝で、肥満や糖尿病などと関連する場合と飲酒(アルコール)に関連する場合があります。このほか、ウイルス性(B型肝炎、C型肝炎など)、自己免疫性、アルコール性、薬物性、その他全身疾患に伴う場合(心臓病、血液疾患、膠原病など)があります。血液検査と腹部エコー検査を行い原因を特定していきます。どうしても原因が分からない場合や肝病変の正確な評価のために肝生検が必要な場合もあります。以上のような検査を行い、原因を明らかにして最適な治療法を決定します。

脂肪肝

食べ過ぎによる肥満やアルコールの飲みすぎが原因の脂肪肝は生活習慣を改善することで治る肝臓病の中では比較的軽い病気です。しかし、生活習慣を改善することなくそのままの生活を続けてしまうと、さらに肝機能が低下して、脂肪肝から肝炎、肝硬変、ついには肝臓がんを引き起こす可能性があるといわれています。肝臓がんを予防するためにも、肝機能検査で脂肪肝など異常が見つかった方は、ぜひ生活習慣を改善して肝臓病を予防しましょう。

C型慢性肝炎

C型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することによって発症する肝炎です。現在、日本のC型肝炎の患者・感染者は200万人〜240万人いると推定されています。また肝硬変や肝がんに移行する率が高く、現在、肝がん患者の約70%はC型肝炎が原因となっています。
C型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスを排除することが最も適切な治療になります。そのため、インターフェロン治療を行うことが推奨されており、そのうえで個人に応じた治療方針を決定していきます。インターフェロン治療を開始することになった場合、専門医療機関に入院して治療を導入していただくことになります。その後、当院で継続的に治療を行うことも可能です。

インターフェロン治療とは?

インターフェロン治療とは免疫系や炎症の調節などに作用して効果を発揮する薬剤治療のことをいい、現在において、ウイルス性肝炎を根治できる最も効果的な治療法の一つとされます。遺伝子のタイプにもよりますが、B型肝炎では約3割、C型肝炎では約5割〜9割の人が治療効果を期待できます。ただし、強い副作用(発熱や頭痛、筋肉痛、脱毛、めまい、不眠など)を伴うことが多いため、専門の医師とよく相談することが必要です。

慢性肝炎や肝硬変

慢性肝炎や肝硬変の方は、日頃の内服薬や注射薬による治療と定期的な血液検査や腹部エコー検査が必要となり、これらは当院で施行可能です。さらに、3〜6か月ごとに専門医療機関でCT検査やMRI検査も必要になりますので、やはり専門医療機関との連携が重要です。

肝臓がん

肝臓がん(原発性肝臓がん)の多くは、肝硬変を経て肝臓がんになります。肝臓がんになってもほとんど自覚症状はありません。そのため、肝臓がんを早期発見するためにも定期的な検査を受けることが重要となります。肝臓がんの予防としては、肝臓がんの多くの場合、肝硬変を経て肝臓がんになることから、肝硬変にならないようにすることが重要です。そのためにも食生活・生活習慣の見直しが必要です。定期的な検査を受け、そして食生活・生活習慣を改善して肝臓がんを予防しましょう。。

診療のご案内

診療時間

午前の部
9:00~12:30
※土曜は13時まで
午後の部
14:30~18:00
※木曜・土曜は休診
休診日
日曜・祝日
アクセス
おぎの内科医院外観
TEL. 076-461-6655
富山市本郷町47番1
>アクセスマップ
初めての方へ

ページの先頭へ